すみれ保育園
*
ホーム > 保育園概要  »  保育方針 > あそびと労働が子どもの心と体を育てる

あそびと労働が子どもの心と体を育てる

houshin_roudou1.jpg

 子ども達がふさわしい生産労働を経験しながら、その体も心も人間らしく、たくましく育っていく。「労働は、全ての人間生活の第一の基本条件である」と、F・エンゲルスが説いた人間の歴史。大人の労働の見事な姿を見、真似し、子ども達は真に自立する人間に育っていく。

houshin_roudou6.jpg

houshin_roudou2.jpg

houshin_roudou3.jpg年長組の子ども達が中心となり畑づくりに取り組んでいます。
今年は、米作りにも挑戦しています。おいしいお米がとれることを楽しみにしています。

houshin_roudou4.jpg

houshin_roudou5.jpg

夏野菜の収穫が毎日少しずつ出来るようになると、子ども達が収穫し、とりたての野菜は、給食室へ運ばれます。
新鮮な野菜を給食の先生がすぐに調理してくれ、おいしくいただきます。


関連記事

"食"を大切に
色々な食品に初めて出あう幼児期においては、質の良い食品、バリエーションに富んだ...
子どもの発達を促すリズム運動
すみれ保育園では、"さくら・さくらんぼのリズムあそび"を取り入れ、0歳から年長...
あそびと労働が子どもの心と体を育てる
 子ども達がふさわしい生産労働を経験しながら、その体も心も人間らしく、たくまし...
教育として自然を考える
時間にとらわれず身体のむ生活リズムに合わせ、ゆっくりとした1日の流れを組んでみ...
子ども達に水と土と太陽を
『つきでた大脳』と言われる手指や素足から、みず、土、泥などの心地よい刺激は五感...